新型ウィルスに関する対応

いたばしサポステ施設利用についてのお知らせ (5月27日更新) 

  

6月よりサポステでの対面の相談、セミナーを再開いたします。

再開にあわせ、当面施設利用について下記利用方法をご理解、お守りいただくようお願いいたします。

利用者の方々と、スタッフの感染防止のためにご協力をお願いいたします。

 

 

①利用人数の制限

3蜜を避けるため、同時に施設を利用される人数を制限いたします。

オンラインでの相談が可能な方は併用をお願いします。

 

②利用時間は50分間

各相談、セミナー後はテーブル、椅子の除菌、換気を行いますので、相談時間は各50分間で区切らせていただきます。

 

③時間前の来所

ご予約されている相談、セミナーの開始10分前からの入室をお願いします。時間前に来所されての待機はできません。

 

④施設利用時は体温測定、手洗い消毒、マスクの着用をお願いいたします。

 スタッフもマスクを着用し応対させていただきます。

 

⑤受付時に非接触の体温計で検温させていただきます。

また下記の場合は利用の延期をお願いいたします。

・息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱等の強い症状のいずれかがある場合

・重症化しやすい方※で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合

高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方

・上記以外の方で発熱や咳など比較的軽い風邪の症状が続く場合

 

⑥受付、各相談はアクリル板を隔てて実施をいたします。

また原則、個室でのご相談は行いません(必要な場合は窓を開けての利用となります)

 

⑦セミナーは引き続きオンラインでの実施をいたします。

 

ご不便をおかけしますが、何卒ご理解とご協力をお願いいたします。

※感染症の情報につきましては厚生労働省のHPも参考にしてください。

 

(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html)

 

※相談、セミナーともにオンラインの設定方法などご不明な点はお電話ください。

 

ご不便をおかけしますが何卒ご理解をお願いいたします。